米は太る、は大間違い!お米で痩せる炭水化物ダイエットとは

「米は太る」は大間違い!お米で痩せる炭水化物ダイエットとは

お米=炭水化物=太る」という考えをお持ちの方が多いのではないでしょうか。
そして現代ではご飯を主食にしている人が少なく、欧米化が常識化してきているそうです。もちろんお米を食べ過ぎると太りますが、お米を食べることで太るということはありません。ここではお米について詳しく説明します。

お米では太らない!それなら太る原因とは?

お米で太るわけではありません。もちろんお米を食べ過ぎることで太ることはあります。しかし日本人はお米にかぎらず主食を食べ過ぎることが太る原因と言えます。お米以外にラーメン・パン・パスタなどの炭水化物を食べ過ぎてはいませんか?太る原因はそれです。

日本人は主食+主食という食べ方をしてしまいがちです。お米は食べ方次第で痩せることができます。それについて詳しく探ってみましょう。

お米で痩せる炭水化物ダイエットって?

お米ダイエットという言葉を聞いたことがありませんか?このダイエット方法は、EXILEのメンバーの間でも行われているとテレビで話題になっていました。お米ダイエットは、すでに痩せている方が行っても痩せることは出来ません。痩せている人が行っても「体型をキープする」ことしかできないのです。

本来このダイエット方法の目的は、太りにくい体質にする、リバウンドをしにくくするためのものです。つまり、体質のリセット・体型維持を目的とした方法なのです。

やり方は?お米ダイエットのポイント3つ

以下のポイントを守れば、現在体重が気になっているという方はある程度まで痩せることができるでしょう。痩せた後は体型維持もしやすく、健康的な体型になりたいのであればこの方法が良いと言えるでしょう。お米ダイエットのたった3つのポイントを頭に入れておくようにしましょう。

ポイント1:食べる順番

今まで意識していなかった方も多いかもしれませんが、食べる順番次第で太りやすくなってしまうこともあり、食べる順番は最も大切なポイントとも言えます。

  1. 野菜
  2. お肉・お魚
  3. 白米

この順番で食べることを意識するようにしましょう。よく白米から食べるという人がいますが、その食べ方は太る原因になります。食べる時は必ず、「野菜→お肉・お魚→白米」という順番で食べるようにしましょう。できれば白米を食べる30分前に、野菜を食べておくと太りにくいようです。

ポイント2:食べ過ぎない

痩せるため、体型維持をするために食べ過ぎないことは当たり前です。摂取カロリーよりも消費カロリーを多くすることで、簡単に痩せることが出来ます。
また消費カロリーよりも摂取カロリーが多いと簡単に太ります。そのため、食べ過ぎは太る原因となります。
お米をよく噛んで飲み込むだけで十分お腹は満たされます。お米の量は1食1杯程度にしましょう。

ポイント3:栄養のバランス

栄養のバランスはとても大切です。この栄養バランスがしっかりしていれば、いくらご飯を食べても太らないということが可能でもあります。どれか1つでも足りていなかったり、栄養バランスが偏っていたりすると太りやすい体質になる原因になり得ます。
タンパク質・ビタミン・ミネラル・食物繊維・脂質・糖質といった栄養素をバランスよく体に取り入れるようにしましょう。

おわりに

お米を食べたからといって太るということなく、つい食べ過ぎてしまうことが太る原因として挙げられます。1食1杯の量にして、野菜→お肉・お魚→白米の順番に食べるようにしましょう。

また6大栄養素と言われるタンパク質・ビタミン・ミネラル・食物繊維・脂質・糖質をバランスよく体に取り入れることで太りにくい体質になることに繋がります。今一度ご自身の食生活を見直し、改善してみると良いでしょう。