美味しいお米の炊き方と保存方法

美味しいお米の炊き方と保存方法

お米の鮮度を意識したことはありますか?
あまり知られていませんが、お米も野菜と同様に鮮度が大切です。保存方法の仕方だけでもお米の味は大きく左右されてしまいます。またお米の炊き方次第でも味が変わってしまうこともあります。

ご飯を美味しく!炊く時の6つのポイント

ポイント1:量は正確に

炊飯器で炊く場合、必ず付属の計量カップで量を計るようにしましょう。付属の計量カップは180ccですが、普通の計量カップは200ccです。
またお米はカップに入れた後にゆすったり叩いたりすると量が変わってしまいます。すりきり1杯分を計るようにすると良いです。

ポイント2:優しく研ぐ

旨味成分が逃げないように手早く優しく研ぐようにしましょう。
お湯でお米を研ぐのは厳禁です。必ず冷たいお水で洗うようにしましょう。一気に水を注ぎ底の方から手早く研ぎ研ぎ汁を流し捨てます。これを2回繰り返し、少量の水を入れて指先で優しく数回研ぎます。
研ぎ汁が澄むまで、水の入れ替えを繰り返しましょう。

ポイント3:水加減はお好みで

炊飯器には各メーカーが推奨する基本の水加減のメモリがついています。そのメモリを利用して、柔らかめが好きなら水の量を少し多く、固めが好きなら水の量を少なくするなどご自身の好みで調整するようにしましょう。

ポイント4:必ず浸す

お米は吸水率が上がるほど美味しくなります。炊く前にお水に浸すようにしましょう。夏は30分ほど、冬は2時間ほど浸すようにするといいでしょう。
出来る限りお水で長時間浸すことが好ましいが、忙しくて長時間浸せない場合は40~50度のぬるま湯で15~20分ほど浸すと良いです。

ポイント5:しっかり蒸らす

蒸らすとお米に含まれる水分量が均一になります。十分に蒸らされていないと水っぽくなってしまいます。
10~15分ほど蒸らすようにすると良いと言われています。

ポイント6:余計な水分を飛ばす

蒸らした後は、粒を潰さないようにしゃもじで混ぜて余分な水分を飛ばすようにしましょう。余分な水分を飛ばすことでふっくらとしたご飯になります。そして冷気で表面が固くなるのでちょうどいい歯ごたえのご飯になります。

味を劣化させないためのお米の正しい保存方法

お米にとって最も良い保存環境は冷蔵庫です。お米を密封容器に移し替え、冷蔵庫で保存すると良いでしょう。冷蔵庫では乾燥を防ぐことができ、10週間ほど酸化を抑え、虫の発生予防にも繋がります。
また虫の発生をより防ぐために、お米を使いきった容器は必ず洗うようにしましょう。洗いにくいハイザーや米びつはあまりおすすめしません。密封でき、なおかつ洗いやすい容器にお米を入れるようにしましょう。

乾燥に注意しよう

乾燥するとお米が割れ、べちゃべちゃしたご飯が炊きあがることがあります。直射日光と温風を避け、火元の近くには置かないようにしましょう。そして密封できるもので保存することが好ましいです。

お米は高い湿度が苦手

高い湿度はカビを発生させる原因になります。シンク下・水回りにお米を置くことは避けましょう。また濡れた手や濡れた計量カップでお米の中に入れることは厳禁です。

移り香に気をつけて

お米には臭いを吸収しやすい性質があります。密封せずに冷蔵庫の中へ保存したり、臭いの強いものの近くに置いたりするだけで簡単にお米に臭いが移ってしまいます。

おわりに

お米の保存方法と炊き方を少し変えるだけで、お米の味がより一層美味しくなるのです。正しい保存方法で正しい炊き方を行うと良いかもしれません。

日本人の主食であるお米を美味しく食べるために、今までなんも意識せずにお米を炊いていた方、保存していた方、これからは少し意識してみると良いかもしれません。